グレースパーマは従来のまつげパーマよりもまつげに負担をかけずにカールを出すことができます。まず化粧品登録されたパーマ剤を使用している点、そして中間処理というひと手間を加えることでカールをだしつつまつげに負担をかけないようにしていけます。1ヶ月後のジリジリ、ごわつきがあまりなく生えてきたまつげと違和感がなくなります。
ただし例外もございます。痛んでいるまつげ、従来のまつげパーマを繰り返しされてきているお客様はグレースパーマは痛んでいるまつげはとてもカールがかかりやすくなっております。ですので生えてきたまつげと痛んでいるところのカールの差がどうしてもでてきます。
まつげが生えかわるまでカール差がでてくるかと思いますができるだけお客様に違和感がないように仕上げさせていただきたいと思います!
あまりにも痛んでいるお客様には一度その主旨をお伝えし施術するかしないか決めていきたいと思います(^^)